ビジネスマンではない父より息子への果てしない手紙

人生の荒波に乗り出した息子たちへ

プロジェクトの始め方1

f:id:rokux:20140614182509j:plain

大切なのは、自分で何もかもやらなくちゃいけないと思わないことだ。
すぐにスケジュールを立ててスタートしたい気持ちはわかるが、まずはチーム編成だ。
集まった人間の顔ぶれを見て、得意なことや不得意なこと、それから性格も見極めつつ、役割分担をするのが先だ。
想定する役割に対して、人手が足らなければ連れてくるか、役割を外注する。

立ち上げに必要な物資もリストにしてみる。できるだけタダで手に入るのがいい。
それぞれの物資に、「誰が調達するのか」を明確にしないといけない。

お金も必要だ。無ければ借りる。
親や親戚から借りるのがいちばんいいが、ウチみたいに逆さに振っても何も出て来ない場合は、銀行に頼むしかない。
お金を借りるときには、やりたいことの有益性と採算性と返済可能性をきっちり説明できないといけない。

補助金助成金の場合も同じだ。
しかしそれによってプロジェクトのミッションが明確になる。これはたいへん意味のあることだ。

本来、企業というものは、利潤追求の前に社会的使命がある。決してその逆ではない。

また、資金計画を立てるために、税金や利息計算や簿記や会計のことを詳しく勉強する必要が出てくる。これは今後もずっと役に立つ知識だ。

それから、プロジェクトの「終わり方」も描いておくようにすべきだ。
起業する場合でもそうだ。頭の片隅には常に置いておくように。
永遠に続く物事は、この世には存在しない。

もうひとつ、大事なこと。
「環境(条件)が悪いからできない」
「お金がないからできない」
「周囲の理解がないからできない」
こんなことばかり言う人間は、コアメンバーから外せ。

「どうやったらミッションを達成できるか」ということに全員が集中しろ。